ヴィヴィアンウエストウッド レッドレーベル(Vivienne Westwood RED LABEL)


ヴィヴィアンウエストウッド レッドレーベル(Vivienne Westwood RED LABEL)


ヴィヴィアンウエストウッド RED LABEL 綿100% スーツ 伊製 40

1971年、ヴィヴィアン・ウエストウッドがマルコム・マクラーレンとともにブティック「レット・イット・ロック(LET IT ROCK)」をオープン。後に自身の名を冠したブランド「ヴィヴィアン・ウエストウッド」を発表。

レッドレーベルは「ヴィヴィアン・ウエストウッド」から分割された、価格を抑えたセカンドラインにあたる。

ヴィヴィアン・イザベル・スウィア(Vivienne Isabel SWIRE)は1941年4月8日、イギリスのダービーシャー生まれ。 絵が得意で画家志望だったが、生計を立てるためにアート専攻の教師の道に進む。「ウエストウッド」という姓は教師をしていたころに結婚した一番初めの夫のもの。以後「ヴィヴィアン・ウエストウッド」と名乗る。

2児の母であったが、「ビートルズ」やミニスカートを着て有名になるモデル「マリー クワント」の影響を受けて大学に再入学(歴史を専攻)、新しい時代の流れに押された形で決意した。大学時代に出会ったのがマルコム・マクラーレン。彼は反体制派でヴィヴィアン ウエストウッドは大きく影響を受ける。

71年、マルコム・マクラーレンとともにキングスロード430番地にブティック「レット・イット・ロック(LET IT ROCK)」をオープン。マルコム・マクラーレンのファッションセンスは進みすぎており、生産する引き受け手がいなかったためヴィヴィアン・ウエストウッドが生産するようになる。これがファッションデザイナーになるきっかけとなった。

72年、店名を「Too Fast to Live, Too Young to Die」に、74年には「SEX(セックス)」に、76年には「Seditionaries(セディショナリーズ)」に変更。

マルコム・マクラーレンは、ショップ「SEX」に出入りしていた若者に、ヴィヴィアン・ウエストウッドのデザインした過激な服を着せて反社会的なロックバンド「セックスピストルズ」としてデビューさせた。セックスピストルズあらゆる意味で革新的で、パンクムーブメントを引き起こす。セックスピストルズと、パンクとともに「ヴィヴィアン・ウエストウッド」のデザインはパンクファッションとして、一つのジャンルを築き上げた。


出品者のその他のオークションを見る