コムデギャルソン(COMME des GARCONS)


コムデギャルソン(COMME des GARCONS)


コムデギャルソン(COMME des GARCONS) 製品染め長袖カットソー

1969年に川久保玲がコム デ ギャルソンの活動をスタート。1973年に株式会社コム デ ギャルソンを設立。

デザイナーの川久保玲(Rei Kawakubo)は1942年東京生まれ。慶應義塾大学文学部哲学科卒業。旭化成に入社し、繊維宣伝部でスタイリストを経験。その後フリーランスの活動を経て「コム デ ギャルソン」の婦人服の製造と販売をスタート。1973年に株式会社コム デ ギャルソンを設立、レディースウェアの製造販売を開始。ブランド名の由来はフランス語で「少年のように」、川久保は、ファッションの正規教育を受けていない。

1975年に東京コレクション初参加。初のショーは原宿・パレフランスで行われた。同年、表参道のフロムファーストに直営店である青山店をオープン。

コム デ ギャルソンのアバンギャルドで独特なファッションはマルタン マルジェラ、A.F.ヴァンデヴォーストをはじめとするアントワープ派のデザイナー、ジョン ガリアーノ、ヴィクター&ロルフ等の外国人デザイナーにも大きな影響を与える。世界でもっとも影響力のあるデザイナーランキングでは川久保玲はトップ5の常連となっている。

毎シーズン、インスピレーションはなく、テーマの言葉もコレクション直前にパリに行ってから決めるとインタビューで答えている。


出品者のその他のオークションを見る