ヘルムート ラング(HELMUTLANG)


ヘルムート ラング(HELMUTLANG)


ヘルムート ラング(HELMUTLANG) ポリ100% 長袖シャツ 伊製

ヘルムート ラングは「ミニマリズムの旗手」と呼ばれ、装飾的なものや技巧的なものを排除し、最小限のミニマルな手法のシャープなスタイルを提案してきました。これは多くのデザイナーに影響を与えることになります。アルマーニやジル サンダーが早くから取り入れたと言われていますが、「ミニマリズム」と言われるものを完全な形にしたのはヘルムート ラングと言われています。

デザインの特徴は、シンプルで、高級感があり、機能性が高く、ディテールにこだわる点です。色彩は白と黒、白とグレー、ベージュとグレーといったベーシックなコーディネートが中心になります。

見た目がシンプルなので低価格が「うり」のアパレルメーカーがコピーすることも多く、そのような経緯からラングはもっともコピーされたデザイナーの一人と言われています。しかし、細部までこだわるラングの服は一見分からなくても、実際に肌で着てみると違いがすぐに分かります。細部までこだわり抜き、時がたつごとに着心地が良くなるその作品はリーズナブルな商品では到底まねできないものだからです。

ヘルムート ラングは非常に控えめな性格で、社交界など公共の場に出ることがあまり好きではないようです。

2000年のアメリカンファッション協議会主催(FDA)のファッションアワードにノミネートされても欠席、会場に姿を現しません。(このときメンズウェア・デザイナー・オブ・ジ・イヤー受賞)アメリカではそのような態度を批判され「無礼者」を呼ばれたこともあるようです。広告キャンペーンも非常に控えめで、モデルが服を着ている写真等を使用するのではなく、「ヘルムート ラング」の文字があるだけのものもあります。

76年、ウィーンで自身のブランド「ヘルムート ラング」を設立。86年、パリのポンピドーセンターで開催された「ウィーン展」でパリコレクション( レディース)にデビュー。87年、メンズウェアでもパリ プレタポルテ・コレクションにデビュー。97年にビジネスの拠点をパリからニューヨークに移す。また98年からニューヨークコレクションに参加する。

97年、「ヘルムート ラング・ジーンズ」を発表。1998-1999 A/Wから「ヘルムート ラング・シャツ」をスタート。99年、「ヘルムート ラング・カシミア」を発表。 99年3月、プラダにヘルムート ラング株51%を買収され、プラダ傘下に入る。

2000年、CFDAアワードで「メンズウェア・デザイナー・オブ・ジ・イヤー」を受賞。2002 S/Sより発表の場をパリコレクションに戻す。 2004年12月、ヘルムート ラング株の残りの49%もプラダに取得され、プラダの完全子会社となる。

2005年1月、ヘルムート ラングがクリエイティブディレクターを辞任。2005-2006 A/Wから 「ラングが指揮していたクリエイティブ・チーム(デザイン・チーム)」がブランドを引き継ぐ。その後、2006年3月プラダグループはヘルムート ラングを日本のリンク・セオリー・ホールディングスに売却を発表。

2010年、ナオキ タキザワの滝沢直己がメンズデザイナーに就任。


出品者のその他のオークションを見る